【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
11月15日から営業を再スタートさせて頂きましたが、大変ありがたいことに予想以上のお申し込みがあり、弊社倉庫で受けられるお荷物の量が上限となりました。誠に勝手ではございますが、以下の期間中を倉庫整理作業のため休業期間とさせて頂きます。

※11月27日 追記
大変申し訳ございませんが、休業期間を延長させて頂きます。

旧)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成30年12月12日(水)
新)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成31年1月9日(水)

業務開始 :平成31年1月10日(木)10:00 ~ となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお、休業期間中のお電話によるお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

※平成30年12月22日(金)~ 平成31年1月9日(水)まで冬季休業となります。
休業期間中につきましては、お申し込みの受け付け、電話やネットでのお問い合わせ対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今後とも『フクサポ』をよろしくお願い申し上げます。

活動実績

    

三恵観光株式会社さまより、社会貢献活動の一環としてフクサポへ古着の寄付をして頂きました。
今回のご参加について、以下のコメントを頂いております。


三恵観光株式会社は、関わる全ての人を笑顔にしたいという想いをもって、アミューズメント事業を中核に、再生エネルギーなど幅広い事業を展開しています。
平成29年4月より、社内で社会貢献活動推進のための委員会を立ち上げました。
その取り組みの一環として、古着回収による寄付活動を行っている株式会社Kurokawa様の「フクサポ」へ参加させていただきました。
弊社店舗に古着回収ボックスを設置し呼びかけることで、地域の皆様にご協力いただき、たくさんの衣類が集まりました。

着なくなった衣類が、地雷撤去や元子ども兵の社会復帰支援等に役立てられるという
素晴らしい取り組みに、地域の皆様とともに参加できたことを大変嬉しく思います。

普段の業務を離れ、社会貢献について考え実際に行動することで、多くの学びや気づきを得ることができました。
「フクサポ」のような取り組みがもっと広まるよう、わたし達も活動を続けていきます。



・三恵観光株式会社 
 ホームページはコチラ ⇒ http://www.sankei-kanko.co.jp/
 

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスインターン野田歩美と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はブルンジからの報告です。

ブルンジ蜂蜜第二弾“UBUZIMA HONEY”誕生!

**********************************************************************
2018年4月から開始した、自立と自治支援プロジェクト。
6月から養蜂の訓練を開始し、8月より、収穫が始まりました!!

巣箱に蟻が群がって蜂がいなくなったり、
元々許可を取って養蜂場を整備した土地が使用不可と言われ
収穫期に移転を命じられたり、収穫間近の蜂蜜が近隣住民に盗まれたり…

色々と困難はありましたが、現在72.5kg収穫出来ています!

【写真:収穫の様子】

「蜂蜜があるらしい」と噂を聞きつけた近隣住民から
蜂蜜を買いたいと要望があったり、受益者自身も収入が必要なため、
販売を始めることとなり、どのように販売するか、
受益者との話し合いを行いました。

グループ名は、”ABAVUMBI TWITEZIMBERE(養蜂家たち、自ら成長しようの意)”
に決定。
成長に関わり、テラ・ルネッサンスの訓練に参加して、
自分たちのライフスタイルを改善もしくは進展させようという想いを持って、
この名前を選びました。
(補足:42名が3つの養蜂場で活動しているのですが、
現時点では1つのグループとして活動することにしている)

そして、4人のメンバーがリーダーらに選出されました。

【写真:選出されたリーダー】

商品名・デザインを決める際、以前のプロジェクトで生産されたアマホロハニーでは
当会職員の小田がワークショップをして受益者と一緒にデザインを決めたように、
ここでも、当会職員が簡単なワークショップをしました.。

【写真:ワークショップの様子】

色々とアイディアを出し合い、最終的に決まった蜂蜜の商品名は、”UBUZIMA HONEY”。

“Ubuzima(ウブジマ)”は、現地語のキルンディで、
”Life / Health(生活・健康)”という意味があります。

「蜂蜜は生活にとても必要だから」「蜂蜜は問題をたくさん解決してくれるから」
「テラ・ルネッサンスの訓練にライフ(健康)を探して来ているから」
「人々はライフ(健康)を求めており、
病気の人もそうでない人も蜂蜜を必要としているから」

このような想いを持って、受益者は命名しました。

そして、受益者自身やミツバチが好きなその地域にある花を持ってきてもらい、
これをあしらったデザインに決定しました。

【写真:最終的に決まったデザイン】

(補足:本当は近隣地域で活動し、
昨年度まで支援していたアマホロハニーと共に売り出せれば、
と考えていたのですが、受益者は別々に売り出すことを望んでおり、
別の形で売り出すことになりました)

パッケージングした商品を持って、
受益者もモチベーションがぐんと上がり、とても嬉しそうです。

【写真:パッケージングの様子】

【写真:受益者の様子】

訓練も後半期に入り、徐々に技術の面からも気持ちの面からも、
来年4月からビジネスとして運営していくよう、準備していく段階に入ってきました。

なるべく争いごとが起こらずにビジネスをしやすい環境を整えることが出来るよう、
私たちもしっかりとサポートを続けて行こうと思います。
…………………………………………

記事執筆/
アフリカ事業サブマネージャー
古岡 繭

……………………………………………….
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームインターン
野田歩美

このページのトップへ