【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
11月15日から営業を再スタートさせて頂きましたが、大変ありがたいことに予想以上のお申し込みがあり、弊社倉庫で受けられるお荷物の量が上限となりました。誠に勝手ではございますが、以下の期間中を倉庫整理作業のため休業期間とさせて頂きます。

※11月27日 追記
大変申し訳ございませんが、休業期間を延長させて頂きます。

旧)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成30年12月12日(水)
新)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成31年1月9日(水)

業務開始 :平成31年1月10日(木)10:00 ~ となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお、休業期間中のお電話によるお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

※平成30年12月22日(金)~ 平成31年1月9日(水)まで冬季休業となります。
休業期間中につきましては、お申し込みの受け付け、電話やネットでのお問い合わせ対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今後とも『フクサポ』をよろしくお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はカンボジアからの報告です。

養蜂事業ブランディングワークショップを実施しました!

**********************************************************************

8月26日〜8月30日、当会PRチームマネージャーである私、小田が
バッタンバン州カムリエン郡にて養蜂事業ブランディングに向けた
ワークショップを実施しました。

 

本プロジェクトは、JICA草の根パートナー事業である
「カンボジア地雷埋設地域の脆弱な障害者家族への生計向上支援プロジェクト 」
の一環として行いました。

地雷埋設地域の障害者の方を対象にした生計向上支援の取り組みのひとつです。
家畜の飼育と家庭菜園に加え、養蜂で得たはちみつを販売し、
収入源のひとつとすることを目指しています。

今年度より、5世帯でハリナシミツバチの養蜂事業がスタートしています。


(ハリナシミツバチの巣箱)

私の今回のメインミッションは、
はちみつ商品のブランディングワークショップの実施でした。

2017年12月に実施したワークショップをもとに、
今回は実際に手を動かしながら、商品のデザインを考えてみよう!
という内容のワークショップを開催しました。

参加者のみなさんは、はじめは周りの様子を伺いながら、
何から始めたらいいのだろう…という感じでしたが、
次第に熱が入り、作業にのめり込んでいきます。
中には、かなりこだわりの強い人も!


(ワークショップ参加者の様子)

ちなみに、このデザインアプローチ、
2015年-2017年にアフリカ・ブルンジ共和国で実施したものと、
ほぼ同じ内容を採用しています。

個人的な感想になりますが、
アフリカで実施した内容を大陸をこえたカンボジアでも再現し、
ノウハウを共有できたことに、かなり趣深いものを感じていました。
以下に、参加した方々からのワークショップの感想を紹介します。

「どんな情報を掲載すべきか、ふだんは意識したこともないので、
考えるのが難しかった。」

「こんな風に商品になっていくんだなということが知れて、
これからのイメージを持つことができた。
だから、これからもっと、蜂の世話をがんばろうと思う。」

市場に並ぶ商品のイメージを持って頂くことで、
目の前の仕事としてある蜂の世話をがんばろう、
と思ってもらえたことをとても嬉しく思いました。

作成後はひとりひとりコンセプトを発表しました。


(コンセプト発表の様子)


(ワークショップ参加者の作品)

ここからは個人的な想いも込めて。

このデザインアプローチと支援の手法が想定する結果に結ばれるのか、
私には正直わからない部分もあります。
成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。
 
ただ、失敗もまたひとつの結果ならば、
そこも引っくるめて引き受けていきたいという気持ちが募っています。
アジア、アフリカの現場に来るたびに感じますが、
そこにあるのは美談ばかりではありません。
特に、テラ・ルネッサンスが取り組んでいる『自立支援』は本当に難しい。
 
しかし、だからこそ、沢山の仮説検証の余地があるはずです。
そしてその試行錯誤の過程は、
その他の国や地域で同じような取り組みに臨む場合の、
貴重な資産にもなりえます。

試行錯誤の過程も大切にしながら、ブランディング事業を進めていきます。


(参加者との集合写真)

記事執筆/
パブリック・リレーションチームマネージャー
小田 起世和

記事編集/
アジア事業インターン
名倉早都季

………………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

このページのトップへ