【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
11月15日から営業を再スタートさせて頂きましたが、大変ありがたいことに予想以上のお申し込みがあり、弊社倉庫で受けられるお荷物の量が上限となりました。誠に勝手ではございますが、以下の期間中を倉庫整理作業のため休業期間とさせて頂きます。

※11月27日 追記
大変申し訳ございませんが、休業期間を延長させて頂きます。

旧)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成30年12月12日(水)
新)休業期間 :平成30年11月18日(日)~ 平成31年1月9日(水)

業務開始 :平成31年1月10日(木)10:00 ~ となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお、休業期間中のお電話によるお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

※平成30年12月22日(金)~ 平成31年1月9日(水)まで冬季休業となります。
休業期間中につきましては、お申し込みの受け付け、電話やネットでのお問い合わせ対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今後とも『フクサポ』をよろしくお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はブルンジからの報告です。

レジリエンス向上プロジェクト終了!

**********************************************************************
2015年から、ブルンジで実施していた、
「紛争被害者及び貧困層住民の能力開発を通したレジリエンス向上プロジェクト」。
 
対象地域である、ムランビヤ県キガンダ郡カネグワ村の住民グループが、
養蜂や窯業、農作物加工の技術を取得して、持続的な収入を得ることで
コミュニティのレジリンエンスを向上させ、
様々なリスクに対応しながら自立していくための支援を行って来ました。
 
最後の締めくくりとして、先日ようやく協同組合の登録が完了しました!
 

【写真:組合登録を終えた、養蜂・窯業組合のリーダー】
 
これからは、支援を受ける「受益者」ではなく、
一つのビジネス形態として、自分たちでビジネスを行います。
 
 
そして、先日、引渡し式を行いました。
 
 
受益者はもちろん、パートナー団体のCEDAC、
地方政府の役人など、様々な人々が参加して、
これまでの活動の報告、そして機械などの引き渡し式を行いました。
 




【写真:引き渡し式の様子】
 
各組合のリーダーからは、以下のような言葉が述べられました。
 

【写真:養蜂組合のリーダー】
 
「近くで寄り添って支援してくださり、感謝しています。
まだまだ組合のことを知らないので、
組合についても学んで行きたいです」
 

【写真:窯業組合のリーダー】
 
「支援をしてくれたことに感謝しています。
これから、組合内で隠し事なく協力して働き、
周りの人々も助けて行きたいです。」
 
一旦3年間のプロジェクトは終了しましたが、これからが本番。
 
スキルやビジネスに必要なツールを得た受益者たちが、
それを使って安定的な収入を得られるようになるまでは
まだまだ時間がかかりそうですが、
安定的なビジネスになるよう、引き続きフォローアップも行いたいと思います。
 
特にご支援いただいた、日本国際協力財団様、支援者の皆様、
ご支援、本当にありがとうございました。
 
ブルンジでは、2018年4月より、新しいプロジェクトを開始しています。
それについては、改めてご紹介いたします!
 
……………………………..

記事執筆/
アフリカ事業 サブマネージャー
古岡 繭

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

このページのトップへ