【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
10月4日から営業を再スタートさせて頂きましたが、大変ありがたいことに予想以上のお申し込みがあり、弊社倉庫で受けられるお荷物の量が上限となりました。誠に勝手ではございますが、以下の期間中を倉庫整理作業のため休業期間とさせて頂きます。

休業期間 :平成30年10月7日(日)~ 平成30年10月31日(水)

業務開始 :平成30年11月1日(木)10:00 ~ となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお休業期間中はお電話でのお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今後とも『フクサポ』をよろしくお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダからの報告です。

元子ども兵から教わる、一日を懸命に生きる姿勢
**********************************************************************
ウガンダ北部では20年にわたる紛争により、
子どもたちが武装勢力によって誘拐され、
「子ども兵」として戦わされてきました。

テラ・ルネッサンスでは、子ども時代に教育の機会を奪われ、
帰還した後にも、戦闘で負った身体的・精神的な傷を抱えている
元子ども兵の方たちの社会復帰をサポートしています。

今回は、自立支援センターで訓練9ヶ月目に入った訓練生の様子をお伝えします!

洋裁の理論を学んでいるクラス。全体で理論の授業は3割。
センターでは将来自立するため、
「確実に商品を作れるようになること」を重視して7割が実技です。

服飾デザインのクラスで、
洋服により価値をつけられるように刺繍を学びます。

赤ちゃんと訓練生。赤ちゃんの世話をしながら、
訓練を受けるのは本当に大変ですが、
他の訓練生が自然とあやしたり抱っこしながら、助け合っています。

木工大工のクラスで製作した椅子とソファ。
他にも本棚、長椅子、ベッドなど、基本的な家具を作れるようになっています。

お客さんから注文を受けた家具を製作。


ベッドを製作中

週末や朝早くにセンターに行っても訓練生が何人か居て、
お客さんから注文を受けた商品を作っていたり、練習している姿があります。

過去に壮絶な経験をしながらも、
助け合って技術・知識を一から学ぶ元子ども兵。

「支援する側・受ける側」という関係を超えて、
彼らから「一日一日、自分のできることに集中し、懸命に生きる」ことを
教えてもらっています。

引き続き、現地の様子や感じたことなど、発信していきます!

記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

第20回なんこくボランティアDAY実行委員会さまより、社会貢献活動の一環としてフクサポへ古着の寄付をして頂きました。
今回のご参加について、以下のコメントを頂いております。


【第20回なんこくボランティアDAY実行委員会さまコメント】
第20回なんこくボランティアDAYのテーマは
『あなたの知らないボランティア~知る×創る×体験する~』
その中のひとつ、収集ボランティアについて”知る”というブース内で古着を収集させていただきました。地域の方々がたくさん持って来て下さり、予想を上回る量が集まりました!



・社会福祉法人 南国市社会福祉協議会 
 ホームページはコチラ ⇒ http://nanshakyo.jp/
 Facebook はホームページからご覧下さい!

このページのトップへ