【冬季休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、以下の期間中を冬季休業期間とさせて頂きます。

冬季休業期間 : 平成29年12月16日(土) ~ 平成30年1月14日(日)
年内最終受付 : 平成29年12月15日(金) 17:00 までとなります
業務開始日時 : 平成30年1月15日(月) 9:00~ となります

休業期間中につきましては、お申し込みの受け付け、電話やネットでのお問い合わせ対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回は、カンボジアからの報告です。
地雷撤去を専門とする当会のパートナー団体MAG-カンボジアより、
今年度半年間の成果報告書が届きました。

カンボジア事業では、地雷の影響により苦しい生活を
余儀なくされている村落の人々を対象に、村落開発支援事業を展開しています。
その活動を行うためにまず必要な地雷撤去活動についてご報告します。

====================================

「地雷撤去」という言葉に、撤去作業員の姿を想像される方は多いのではないでしょうか。
今回は、それだけではない撤去活動のうら側についてカンボジアよりお伝えします。

MAG報告書によれば、
「地雷撤去活動をより効果に行うために、事前に灌木の除去や土地整備が不可欠だ」
と記載されています。
これらの下準備を経て、地雷や不発弾除去を迅速かつ確実に実施しています。

現在、今年度目標面積330,000m²に対して、225,138m(達成度:68%)を遂行し、
20個の危険物を安全に破壊し、
地雷の脅威に晒されていた26世帯127名(達成度:79%)の方々に
安全な土地を提供することができました。

半年間の成果は目標値を順調に上回る数値を示しています。
テラ・ルネッサンスの地雷撤去支援により設置された
機械支援部隊「ボブキャット」の貢献がこれを可能にします。

紛争時に地雷を設置するのは簡単でしたが、
撤去には途方も無い時間と労力がかかることを現場でひしひしと感じます。

効果的な撤去の手法が日々進歩していくことを素直に嬉しく思いつつ、
暑いカンボジアの地で日々、
人々が安心して生活できるよう地道にコツコツと活動を続ける
MAG-カンボジアスタッフの皆さんを心から尊敬します。

====================================

当会が継続的な支援活動を実施できるのも、みなさまのご協力のおかげです。
いつもあたたかいご支援をいただきありがとうございます。

▼ MAG-カンボジアレポートはこちら!
http://terra-r.113110.red/user/media/pdf/activity/MAGBobcat2017Q1ReportJapanese.pdf

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

このページのトップへ