【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、以下の期間中を倉庫移転作業のため休業期間とさせて頂きます。

※10月4日 追記
大変申し訳ございませんが、休業期間を延長させて頂きます。

旧)休業期間 :平成29年9月14日(木)~平成29年10月4日(水)
新)休業期間 :平成29年9月14日(木)~平成29年10月31日(火)
業務開始 :平成29年11月1日(水)10:00~となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお休業期間中はお電話でのお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はコンゴでの取り組み報告です。

2016年、日本の皆様のご寄付で実現した、
紛争下で生きるコンゴ女性たちの洋裁店の開業支援。

お店を開店してからの約半年間、試行錯誤しながら、
どうしたらお客さんに来てもらえるのか?
どうしたら、もっと魅力ある商品を作れるのか?
などを洋裁店のみんなで知恵を出しながら頑張って来ました。

そして、今、彼女たちの洋裁店は日々、
お客さんが集まってくれる場になっています。
収入は、まだ安定しているとは言えませんが、
着実に自分の力で収入を得られるようになっています。


【洋裁店の運営を始めて、村人から注文を受けて衣服を製作する女性たち】

一方、実際に、
お店の周りに集まっているお客さんたちに話を聞くと、
大半は商品を買わないお客さんです。
そう言って、みんな笑いながら、
楽しそうに話していました。
 

洋裁店を始めた彼女たちの中には、紛争下で性的暴力を受けて、
そのことが原因で家族や親戚たちから
見放されてしまった女性たちもいます。

ですので、彼女たちは、
「商品を買わないお客さんであっても、
自分たちのお店に村人たちが集まって、
おしゃべりの場になっていることも嬉しい」
と話していました。

お店で安定した収入が得られるようになることも重要ですが、
同時に、この洋裁店を開いていることで、彼女たちが、
より地域の人たちとの関係性を築いていって欲しいと願っています。


【洋裁店を運営する女性グループと当会職員】

コンゴのようにリスクだらけで、
何があるかわからないような状況下では、
「今、自分のお金を得ること」だけでなく、
「将来のために、社会関係資本を得ること」
も重視していかないといけないと実感した出来事でした。


【洋裁店を運営する女性グループと当会職員】

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

このページのトップへ