【休業についてのお知らせ】

日頃より当プロジェクトへ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
10月4日から営業を再スタートさせて頂きましたが、大変ありがたいことに予想以上のお申し込みがあり、弊社倉庫で受けられるお荷物の量が上限となりました。誠に勝手ではございますが、以下の期間中を倉庫整理作業のため休業期間とさせて頂きます。

休業期間 :平成30年10月7日(日)~ 平成30年10月31日(水)

業務開始 :平成30年11月1日(木)10:00 ~ となります。

休業期間中につきましては、ネットでのお申し込みの受け付け、ネットでのお問い合わせの対応が出来かねますので、あらかじめご了承下さいませ。

なお休業期間中はお電話でのお申し込みやお問い合わせは可能となっております。

電話番号:079-490-4281
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日は定休)

休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今後とも『フクサポ』をよろしくお願い申し上げます。

活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダからの報告です。

自立支援センターでの卒業式
**********************************************************************

ウガンダ北部では20年にわたる紛争により、
子どもたちが武装勢力によって誘拐され、
「子ども兵」として戦わされてきました。

テラ・ルネッサンスでは、
帰還した元子ども兵の社会復帰をサポートしています。

今回は、7期生として社会復帰プログラムを受け、
自立を果たした元子ども兵の方たちの卒業式の様子を紹介します!
3年間、職業訓練とビジネス訓練に励んできた元子ども兵の人たちは、
それぞれの場所で、洋裁店・木工大工の店舗で働き自立した生活を送っています。

式のスピーチで卒業生が話をしてくれました。
「帰還した後、周囲からは役に立たないと言われ、
自分は価値がないんだと思いながら過ごしていました。
ですが洋裁や読み書き、ビジネスを行う方法を学んで、
洋裁店を持ち、家族を支えられるようになりました。
また技術を学びたいという近所の人たちから求められて、
洋裁教室も運営しています。
将来の夢は、子どもたちが学校の先生やお医者さんになってほしいです。
また一人は私のお店を継いでもらいたいです。」


【スタッフからお祝いを受け取る卒業生】


【センターでの卒業式】


【7期生同士、久しぶりの再会を喜んでいました】


【子どもを抱く卒業生】


【このガウンもセンターで縫製したものです】


【卒業式の記念写真】

現在センターで訓練を受けている9期生にとって、
卒業生を見て、今後の自立した姿や生活をイメージする機会になったと思います。

今回、卒業生の姿を見て、困難がある中でも
自立する環境を整えていくことで、
一人ひとりが「未来をつくる力」を発揮できるのだと感じました。

記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
……………………………………

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

このページのトップへ