活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダの活動について報告します。

ウガンダ元子ども兵、8期生の供与式を実施しました!

テラ・ルネッサンスがウガンダ北部で運営する元子ども兵社会復帰施設。
そこに通う元子ども兵たちが1年半の訓練を終えて、
2016年11月末には最終試験に合格し、また12月には修了式も実施しました。

1月19日、1年半の訓練で木工大工や洋裁のスキルを身に付け、
また基本的なビジネスの知識も得た元子ども兵たちが、
これから本格的にビジネスを始めていくための
道具の供与式(修了式)が行われました。

受益者である元子ども兵や現地スタッフのみならず、彼ら彼女らの保護者や地元の人々、
またNGO関係者など多くの人々が一堂に会する供与式。

子ども時代に壮絶な経験をした彼ら。反政府軍から脱出し、
NGOなどの保護を受けてからまだ数年しか経っていない人がほとんどですが、
彼らが一日でも早く社会復帰し、普通の生活へと戻れるように、
スタッフ一同供与式をサポートしました。


供与式後の集合写真(photo by Kanta Hara)

元子ども兵ジェイド(仮名)の声

訓練期間、私のことを見守り続けてくれた神様に、深く感謝しています。
同時に、日本の支援者様、特にテラ・ルネッサンスの支援者様にも
「ありがとう」と伝えたいと思います。

あなたたちの助けが無ければ、
私が1年半の訓練を終えることは難しかったと思います。
私が訓練を終えられたのは、日本の皆さまのおかげです。

今この瞬間は、私が施設を出て外に行くのに必要な物、
ビジネスを始めるために必要な物一式(道具や機械)を手にすることができて、
とても幸せに感じています。

これから外に出て、テラ・ルネッサンスで培ったスキル
―私の場合は木工大工のスキル―を使って、ビジネスを開始します。

自分の人生をもう一度変えられるように、
そして地元の人たちの生活をも支えられるように、一生懸命に働きます。

日本の人たちにメッセージがあります。
テラ・ルネッサンスのような支援は、本当に素晴らしいです。
だけれども、私たちだけで支援が終わってしまってはいけない。

活動が続かなくてはならない。
テラ・ルネッサンスが実施するような訓練を必要としている人たちは、まだ他にもいます。
だから、これからも活動、そして支援を続けてほしいです。


式典での来賓のスピーチ(photo by Kanta Hara)

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

このページのトップへ