活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回は、ラオスの活動についてのご紹介です。

ラオス、シエンクアン県で活動する不発弾撤去団体MAG-Laoの第31不発弾撤去チームが、
今年8月から活動を開始しています。

mat-31-team-photo

先月、2016年9月分の活動成果の報告がMAG-Laoより送られてきました。
撤去活動はシエンクアン県パーサイ郡ラットセン村(人口:454名)で順調に進み、
9月だけで37発の不発弾を撤去し、74,375㎡の農地を安全にすることができました。

これによって8月からの累計115,000㎡が安全になり、撤去できた不発弾の数も40発になりました。
このラットセン村での撤去活動はほぼ終わり、これから別の村にチームは移動して、撤去を進めていくことになります。

その、撤去活動をしている第31不発弾撤去チームの撤去作業員の一人、
ヴァン・ヨンさんを紹介したいと思います。

現在48歳のヴァン・ヨンさんは、不発弾撤去団体MAGで5年にわたって不発弾撤去の仕事をしてきました。
そのヴァン・ヨンさんには息子がいます。

「私の息子が、12歳か13歳だったとき、畑仕事をしていたときに”ボンビー”
(クラスター爆弾の子爆弾の現地の人の呼び名)の事故に遭いました。
ボンビーは爆発し、今息子は障害を負い、自分の力で上手に歩くことができません。」

とつらい不発弾事故の話をしてくれました。

このヴァン・ヨンさんが、村人たちが安全に土地を使うことができ、
私の息子に起きたことが2度と起きないように、事故を防ぐことができる撤去の仕事ができて、
嬉しいと答えてくれたことにすごいと思いました。

ラオスの人たちの自分や自分の家族だけでなく、
他の村人たちや他人のために危険な仕事をする思いに、感動しました。

team-bios-technician-vanhyong-japanese

まだまだラオスには多くの不発弾が残りますが、
懸命に撤去が続けられています。

被害者がゼロに、そして不発弾がゼロになる日を目標に
テラ・ルネッサンスも私たちにできることを続けていきます。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアでの地雷撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回は、ウガンダの活動についてのご紹介です。

ウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターでは、
元子ども兵や貧困層の住民を対象に、
自立をサポートする職業訓練を行っています。

ここで毎日行われる朝礼では、訓練生の出席や健康状態を確認したり、
スタッフや訓練生が、最近の出来事やニュース、
仕事や生活を良くしていく考え方などの話をします。

ugandaphoto2016092
朝礼の様子

この朝礼を始める時はいつも、ウガンダの国歌に続き、
テラ・ルネッサンスの歌を歌っています。
今回、この歌をご紹介します(以下、動画もご覧ください)。

https://www.facebook.com/terra.ngo/videos/1406247866070392/

“私たちは、誰かを裁くために、争うために、
テラ・ルネッサンスに来ているのではありません。
一緒に協力するために、愛しあうために、ここに来ています。”

心理社会的支援を行うスタッフが、平和への想いを込めて作った歌です。

歌を歌っている時、どんな気持ちなのか、訓練生に聞いてみました。

“歌っていると、テラ・ルネッサンスという家族の一員のように感じる”

“毎朝、心を穏やかにしてくれていて、今日一日を過ごしていくための、
エネルギーをもらっている”

“毎日、この歌を歌っていて、「争わない、愛しあう」ことが
自分の体の一部になっています”

朝のほんの短い時間ですが、日々忙しくしていても、悩みがあっても、気持ちを落ち着けて、
その日一日を新たに過ごしていく、大切な時間になっています。

ugandaphoto201609
毎朝の朝礼と出席を確認しているスタッフ

そして、朝礼が終われば、授業が始まり、技術習得のための授業や、語学の授業などが始まっていきます。
こうして活動を継続することができるのも、皆様のご協力のおかげです。

活動に協力してくださり、ありがとうございました。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

▼お知らせ(2)
テラ・ルネッサンスでは10月31日に15周年を迎えました。
それを記念して11月6日に京都にて
11月12日に東京にて15周年記念イベントが開催されます。
支援の成果もお伝えしていきますので、ぜひお越しください。

詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/news/event/event_15th.html

これまで個別でお送りしていた御礼と活動報告を兼ねたテラ・ルネッサンスからのメールを
2016年10月より、当ブログやFacebookへご報告する形へと変更いたします。

ご協力いただく件数も増え、集荷いただく際のご対応を最優先にするため
何卒、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ユーロモニター・インターナショナル様では、社会貢献活動の一環として社員の皆さまで古着回収プロジェクトを行い、フクサポへ寄付して頂きました。

写真はユーロモニター・インターナショナル日本支社の皆様です。

・ユーロモニター・インターナショナル ↓ホームページはコチラ↓
    http://www.euromonitor.com/

無題

フクサポを運営している(株)Kurokawaの加古川事業所にて8月7日・20日・21日の3日間、古着の販売を致します。
普段は倉庫として営業をしている加古川事業所で、初めて倉庫を開放し古着や雑貨の販売を致します。
機会がございましたら、お気軽にお立ち寄りくださいませ!!お待ちしております♪

このページのトップへ