活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はラオスでの不発弾撤去減からの報告です。

ラオスはベトナム戦争の時代に投下された
クラスター爆弾の不発弾が今もなお地面に残り
犠牲者を出し続けています。

そこで、テラ・ルネッサンスはラオスで地雷撤去を行う
MAGへ資金提供をする形で、不発弾撤去を支援しています。

本日は、そのラオスでサポートする不発弾撤去団体MAGの
第31不発弾撤去チームのポアポーンさんをご紹介します。

撤去作業員として働くポサポーンさんは、23歳と若いですが、
このチームの仲の良さを次のように話してくれています。

“私は、MAGの第31不発弾撤去チームで働くことを、とても楽しんでいます。
このチームには、大きな連帯があります。
私たちは、いつも冗談を言い合ったり、笑いあっています。”

もちろん不発弾撤去は、危険な不発弾を見つけて、
取り除いていく危険な作業で、緊張して作業をしなければいけませんが、
このチームのメンバーが活動する上で、とても仲良く活動しているのが伝わってきます。

ラオスのシエンクアン県では、私たちと同じように冗談を言ったり、
笑ったりする素朴な人々の日常があります。

その人々の平和な生活を、一瞬で悲しみに変えてしまう危険な不発弾が、
残されています。

ポアポーンさんたちが3月にシエンクアン県パーサイ郡ファイヴァット村と
ポーシィ村で撤去できた面積は、41,875平方メートル、29発の不発弾を撤去しました。

これで2016年8月から今年3月mでに累計327,911平方メートル、
208発の不発弾を撤去し、2,103名が直接的に受益しています。

シエンクアンでは、不発弾で汚染された土地のまだ1%も撤去できていないなかで、
気の遠くなる作業を続けていますが、微力は決して無力ではありません。
少しずつ、確実に安全な大地が増えています。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
南スーダン難民緊急支援実施中
http://www.terra-r.jp/south_sudan.html

http://www.terra-r.jp/south_sudan.html

▼お知らせ(2)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダの元子ども兵社会復帰支援の現状を報告します。

20年以上紛争が続いたウガンダ北部グル。
ここでは、子ども時代に武装グループに誘拐された、
元子ども兵の社会復帰をサポートしています。

今回、1年半の技術訓練を終えた8期生が、
次のステージになるビジネスの実地訓練を始めました!


【グルのメインマーケットで、グループで開いた洋裁店】

グルのメインマーケットで洋裁店を始めた訓練生を訪問すると、
地元の小学校から制服の注文を受けたり、
個人のお客さんのアフリカンドレスなどを作っている所でした。

子ども時代に誘拐されて武装グループに拘束されている間に、
強制結婚で、ほとんどの女性が子どもを持ちます。

武装グループから逃亡する際も、
彼女たちの意思で子どもを置いて逃げるということはなく、
必ず一緒に子どもを連れてこようとします。

その話を聞くたびに、彼女たちから母親としての優しさや強さを感じます。
そして子どもを育てて自立に向けて頑張っている姿から、
一人の人間が未来を切り開いていくことができるのだと、
教えてもらっています。


【子どもを育てながら制服をつくっている訓練生】

テラ・ルネッサンスでは、現地スタッフとともに、
彼女・彼らが自立した生活ができるように、
残りの1年半の間、ビジネスのサポートをしていきます。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネス・レイジングチームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はカンボジアの地雷撤去の現状を報告します。

地雷原を希望に変えるために・・・地雷原視察

提携するMAGの活動するサムロート郡の地雷原では、
当初地雷探知犬チームが派遣されていました。

しかし、順調に半分の地雷原の撤去作業を進めていった探知犬チームは、
地雷原のなかほどで、地雷が無数に帯状に埋められた場所に突き当たります。

火薬の匂いで地雷を探知する地雷探知犬は、
地雷の数が少ないと効率的に早く作業できますが、
地雷の数が多いと火薬の匂いがありすぎて、
逆に混乱してしまい作業できなくなります。

そこで、次に派遣されたのは手作業での地雷撤去チーム。
現在最新の金属探知機では、
反応する音で金属片なのか地雷や爆発物なのかがある程度分かります。

この地雷原は、近くの丘の上に部隊を駐留させていたベトナム軍や政府軍が、
クメール・ルージュ軍から守るために周辺に地雷を埋めていました。

そして撤去を進めると、この地雷の帯は古い道に行き当たります。
この古い道には、対戦車地雷が埋められていると推測されます。

このあたりには金属の多く含まれるラテライトという土壌があったため、
金属探知機に土壌が反応してしまい使えないため、
機械も使って撤去をしていました。

しかし、この機械も対戦車地雷のあるところでは、
大きく破損してしまうため使えません。

最終的にはネメシスという昨年1年間テラ・ルネッサンスが
運営費を提供していた機械チームで使われた機械が、
最後の役目としてこの対戦車地雷があるかもしれない地雷原で活動します。

この機械は遠隔操作で動かすため、万が一、
対戦車地雷を踏んでも機械は壊れてしまいますが、作業する人は安全です。

地雷原は、非常に複雑でさまざまな要素を考えて、
最適な手段で作業をしていかなければなりません。

暑い日も防具やヘルメットをつけて作業をされているスタッフには頭が下がります。
1日も早く撤去が完了するように
その支援の必要性を伝え続けていきたいと思います。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

いつもフクサポを通して、テラ・ルネッサンスの活動に思いを寄せてくださり、
ありがとうございます。

昨年12月から2月中旬にかけて実施した
 「めぐるキャンペーン2016」。

本キャンペーンでは、書き損じはがき、
≪ 15,000枚 ≫の回収を目指し、
活動を続けてまいりました。

そして、集まった書き損じはがきは…!?
 ≪ 7,168枚 ≫でした。

金額に換算すると、
約32万円となりました。

目標枚数達成には至りませんでしたが、
たくさんの支援者の皆さまから
7,168枚のはがきと一緒に、いくつもの
メッセージを添えていただきました。

本当にありがとうございました。

ご自身ではがきを換金すれば、
ご自身の手元にお金が入ります。

ですが、今回ご協力いただいた皆さまは、
その選択ではなく、世界平和の実現のため、
当会の活動を支援する目的で、
はがきを送ってくださいました。

さらに、今回はめぐるキャンペーンとして
はがきだけでなく、フクサポへも多くの方に協力をいただきました。

古着屋さんなどは世の中にたくさんあると思うのですが、
自らの手元にお金が残る選択ではなく、古着を寄付し
「活動にお役だてください」とテラ・ルネッサンスに
託してくださったことをスタッフ一同、大変嬉しく思っております。

皆さまが託してくださった温かな「想い」を
世界中に届けるため、テラ・ルネッサンスは今後も活動を続けていきます。 

「めぐるプロジェクト」は、今後も継続していきますので、
引き続き、応援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

▼ Facebookページ「めぐるキャンペーン」最終報告はコチラ
https://goo.gl/8HC9QU

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チーム 栗田佳典 徳永かのこ 岡本美穂

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダの活動について報告します。

ウガンダ元子ども兵、8期生の供与式を実施しました!

テラ・ルネッサンスがウガンダ北部で運営する元子ども兵社会復帰施設。
そこに通う元子ども兵たちが1年半の訓練を終えて、
2016年11月末には最終試験に合格し、また12月には修了式も実施しました。

1月19日、1年半の訓練で木工大工や洋裁のスキルを身に付け、
また基本的なビジネスの知識も得た元子ども兵たちが、
これから本格的にビジネスを始めていくための
道具の供与式(修了式)が行われました。

受益者である元子ども兵や現地スタッフのみならず、彼ら彼女らの保護者や地元の人々、
またNGO関係者など多くの人々が一堂に会する供与式。

子ども時代に壮絶な経験をした彼ら。反政府軍から脱出し、
NGOなどの保護を受けてからまだ数年しか経っていない人がほとんどですが、
彼らが一日でも早く社会復帰し、普通の生活へと戻れるように、
スタッフ一同供与式をサポートしました。


供与式後の集合写真(photo by Kanta Hara)

元子ども兵ジェイド(仮名)の声

訓練期間、私のことを見守り続けてくれた神様に、深く感謝しています。
同時に、日本の支援者様、特にテラ・ルネッサンスの支援者様にも
「ありがとう」と伝えたいと思います。

あなたたちの助けが無ければ、
私が1年半の訓練を終えることは難しかったと思います。
私が訓練を終えられたのは、日本の皆さまのおかげです。

今この瞬間は、私が施設を出て外に行くのに必要な物、
ビジネスを始めるために必要な物一式(道具や機械)を手にすることができて、
とても幸せに感じています。

これから外に出て、テラ・ルネッサンスで培ったスキル
―私の場合は木工大工のスキル―を使って、ビジネスを開始します。

自分の人生をもう一度変えられるように、
そして地元の人たちの生活をも支えられるように、一生懸命に働きます。

日本の人たちにメッセージがあります。
テラ・ルネッサンスのような支援は、本当に素晴らしいです。
だけれども、私たちだけで支援が終わってしまってはいけない。

活動が続かなくてはならない。
テラ・ルネッサンスが実施するような訓練を必要としている人たちは、まだ他にもいます。
だから、これからも活動、そして支援を続けてほしいです。


式典での来賓のスピーチ(photo by Kanta Hara)

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

このページのトップへ