活動実績

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はカンボジアの地雷撤去の現状を報告します。

地雷原を希望に変えるために・・・地雷原視察

提携するMAGの活動するサムロート郡の地雷原では、
当初地雷探知犬チームが派遣されていました。

しかし、順調に半分の地雷原の撤去作業を進めていった探知犬チームは、
地雷原のなかほどで、地雷が無数に帯状に埋められた場所に突き当たります。

火薬の匂いで地雷を探知する地雷探知犬は、
地雷の数が少ないと効率的に早く作業できますが、
地雷の数が多いと火薬の匂いがありすぎて、
逆に混乱してしまい作業できなくなります。

そこで、次に派遣されたのは手作業での地雷撤去チーム。
現在最新の金属探知機では、
反応する音で金属片なのか地雷や爆発物なのかがある程度分かります。

この地雷原は、近くの丘の上に部隊を駐留させていたベトナム軍や政府軍が、
クメール・ルージュ軍から守るために周辺に地雷を埋めていました。

そして撤去を進めると、この地雷の帯は古い道に行き当たります。
この古い道には、対戦車地雷が埋められていると推測されます。

このあたりには金属の多く含まれるラテライトという土壌があったため、
金属探知機に土壌が反応してしまい使えないため、
機械も使って撤去をしていました。

しかし、この機械も対戦車地雷のあるところでは、
大きく破損してしまうため使えません。

最終的にはネメシスという昨年1年間テラ・ルネッサンスが
運営費を提供していた機械チームで使われた機械が、
最後の役目としてこの対戦車地雷があるかもしれない地雷原で活動します。

この機械は遠隔操作で動かすため、万が一、
対戦車地雷を踏んでも機械は壊れてしまいますが、作業する人は安全です。

地雷原は、非常に複雑でさまざまな要素を考えて、
最適な手段で作業をしていかなければなりません。

暑い日も防具やヘルメットをつけて作業をされているスタッフには頭が下がります。
1日も早く撤去が完了するように
その支援の必要性を伝え続けていきたいと思います。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

いつもフクサポを通して、テラ・ルネッサンスの活動に思いを寄せてくださり、
ありがとうございます。

昨年12月から2月中旬にかけて実施した
 「めぐるキャンペーン2016」。

本キャンペーンでは、書き損じはがき、
≪ 15,000枚 ≫の回収を目指し、
活動を続けてまいりました。

そして、集まった書き損じはがきは…!?
 ≪ 7,168枚 ≫でした。

金額に換算すると、
約32万円となりました。

目標枚数達成には至りませんでしたが、
たくさんの支援者の皆さまから
7,168枚のはがきと一緒に、いくつもの
メッセージを添えていただきました。

本当にありがとうございました。

ご自身ではがきを換金すれば、
ご自身の手元にお金が入ります。

ですが、今回ご協力いただいた皆さまは、
その選択ではなく、世界平和の実現のため、
当会の活動を支援する目的で、
はがきを送ってくださいました。

さらに、今回はめぐるキャンペーンとして
はがきだけでなく、フクサポへも多くの方に協力をいただきました。

古着屋さんなどは世の中にたくさんあると思うのですが、
自らの手元にお金が残る選択ではなく、古着を寄付し
「活動にお役だてください」とテラ・ルネッサンスに
託してくださったことをスタッフ一同、大変嬉しく思っております。

皆さまが託してくださった温かな「想い」を
世界中に届けるため、テラ・ルネッサンスは今後も活動を続けていきます。 

「めぐるプロジェクト」は、今後も継続していきますので、
引き続き、応援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

▼ Facebookページ「めぐるキャンペーン」最終報告はコチラ
https://goo.gl/8HC9QU

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チーム 栗田佳典 徳永かのこ 岡本美穂

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダの活動について報告します。

ウガンダ元子ども兵、8期生の供与式を実施しました!

テラ・ルネッサンスがウガンダ北部で運営する元子ども兵社会復帰施設。
そこに通う元子ども兵たちが1年半の訓練を終えて、
2016年11月末には最終試験に合格し、また12月には修了式も実施しました。

1月19日、1年半の訓練で木工大工や洋裁のスキルを身に付け、
また基本的なビジネスの知識も得た元子ども兵たちが、
これから本格的にビジネスを始めていくための
道具の供与式(修了式)が行われました。

受益者である元子ども兵や現地スタッフのみならず、彼ら彼女らの保護者や地元の人々、
またNGO関係者など多くの人々が一堂に会する供与式。

子ども時代に壮絶な経験をした彼ら。反政府軍から脱出し、
NGOなどの保護を受けてからまだ数年しか経っていない人がほとんどですが、
彼らが一日でも早く社会復帰し、普通の生活へと戻れるように、
スタッフ一同供与式をサポートしました。


供与式後の集合写真(photo by Kanta Hara)

元子ども兵ジェイド(仮名)の声

訓練期間、私のことを見守り続けてくれた神様に、深く感謝しています。
同時に、日本の支援者様、特にテラ・ルネッサンスの支援者様にも
「ありがとう」と伝えたいと思います。

あなたたちの助けが無ければ、
私が1年半の訓練を終えることは難しかったと思います。
私が訓練を終えられたのは、日本の皆さまのおかげです。

今この瞬間は、私が施設を出て外に行くのに必要な物、
ビジネスを始めるために必要な物一式(道具や機械)を手にすることができて、
とても幸せに感じています。

これから外に出て、テラ・ルネッサンスで培ったスキル
―私の場合は木工大工のスキル―を使って、ビジネスを開始します。

自分の人生をもう一度変えられるように、
そして地元の人たちの生活をも支えられるように、一生懸命に働きます。

日本の人たちにメッセージがあります。
テラ・ルネッサンスのような支援は、本当に素晴らしいです。
だけれども、私たちだけで支援が終わってしまってはいけない。

活動が続かなくてはならない。
テラ・ルネッサンスが実施するような訓練を必要としている人たちは、まだ他にもいます。
だから、これからも活動、そして支援を続けてほしいです。


式典での来賓のスピーチ(photo by Kanta Hara)

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやブルンジの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はブルンジでの活動についての報告です。

▼現地のことわざを使った平和教育

30万人もの人々がブルンジ内戦では亡くなりました。
活動しているムランビヤ県は内戦当時の激戦区でもあり、
多くの人々が家族や親戚をこの紛争で亡くしています。

こんな中、現地の人々が平和を維持することの大切さを学ぶための
平和教育ワークショップを12月に開催しました。

IMG_0259

よく平和教育というと、先進国の考え方で
平和の大切さを教えるようなことがなされますが、
ここでの平和教育とは、現地の人たちの伝統的な語りや、
現地のことわざをもとに平和を作る
知恵や知識を学んでもらっています。

アフリカには、自然と人間が共存するための知恵だけでなく、
人と人との争いを予防したり、
解決したりするための知恵や伝統というのがたくさんあります。

今回の平和教育で話したブルンジの諺に、
「口から出るどんな言葉も遠くへ行ってしまう」というものがあります。

これは、話した言葉は、周り(遠く)へ広がるにつれて、
違う意味で受け取られてしまうので、言葉だけに頼ってはいけないという教えです。

言葉は時として人を傷つけ、仲違いのきっかけを作ったりしますが、
元来、その言葉を発した人の意図とは違う意味で受け取られていることもあります。

なので、人づてに「あの人は、こんなことを話していたよ」などということも、
その言葉だけを聞いて反応するのではなくて、直接、
その人がどんな文脈で話したのかを考えることが大切だということです。

他にも、「争いがあった時は、黙っているべし」ということわざがあり、
これは、争いを解決するときに言葉のやり取りに頼っていると
逆に争いがひどくなることもあるので、
時には言葉を発せずに静かにしていることも大切ですよ、という教えです。

こうしたことわざは、現地の年輩の方でよく知っている人もいれば、
知らない人も多くいますが、
今回のワークショップでは、こうしたことわざを一つ一つ、
みんなで学び、その意義や解釈を考えてもらいました。

IMG_0238

先進国の人たちの中には、紛争を起こしたアフリカの人たちには、
平和を作る力がないと決めつけて、
外部の価値観を教えようとする傾向がありますが、
実際には、アフリカには、こうした紛争予防や紛争解決、
平和につながる在来の知恵や文化がたくさんあります。

テラ・ルネッサンスでは、
こうした在来の知恵や考え方を、活かした平和教育を行っています。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
現在、テラ・ルネッサンスは設立15周年を記念し
15周年記念募金を呼び掛けています。
活動をさらに継続させていくため、ぜひご協力をお願いします。

詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

▼お知らせ(2)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

この度は、フクサポへのご協力ありがとうございます。
私はテラ・ルネッサンスの栗田と申します。

皆様からいただいたご寄付は、カンボジアやラオスでの地雷、不発弾撤去支援や
被害者家族をはじめとした貧困層の人々への支援活動
及び ウガンダやコンゴの元子ども兵や紛争被害を受けた人々へ
支援を行うための活動資金にさせていただきます。

今回はウガンダでの活動についての報告です。

ウガンダ北部では、子ども時代に武装勢力に誘拐され、
兵士として戦わされて働かされてきた、
元子ども兵の人たちの社会復帰をサポートしています。

その中で、2015年6月から訓練を始めた8期生は、
木工大工、洋裁、服飾デザイン、手工芸といった技術や、
読み書き・算数、ビジネスの基礎知識を、
1年半かけて学んできました。

そして、この11月には、これまで訓練で学んできた
各分野の実技と筆記の最終試験を行い、
全員が良い成績を修めて、合格することができました。

2-1-dsc03229

木工大工を学び、試験を終えた訓練生から、次のような声を聞き、
講師陣も、とても頼もしく感じています。

「試験を終えて、自分自身をとても誇りに思います。
ここで様々な分野の技術や知識を身につけられたと実感しました。
次は、1年半行うビジネスの実地訓練の準備をして、
早く新しいチャレンジを始めたいです!」

訓練生たちは、毎日、一つでも多く技術を身につけようと
努力していたので、
今回このように皆で合格したことを、とても誇らしく思います。

次の1年半のビジネス訓練も、彼ら彼女たち一人ひとりの力を信じて、
スタッフ全員でサポートしていきます。

……………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発チームマネージャー
栗田佳典

▼お知らせ(1)
現在、テラ・ルネッサンスは設立15周年を記念し
15周年記念募金を呼び掛けています。
活動をさらに継続させていくため、ぜひご協力をお願いします。

詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

▼お知らせ(2)
テラ・ルネッサンスではメールマガジンを定期的に発刊しています。
テラ・ルネッサンスのイベントや大槌刺し子の新しい商品の案内など
行っていますので、ぜひ、ご登録ください。

登録はこちら
http://melma.com/backnumber_108286/

このページのトップへ